フリーダイヤル/月〜金:24時間受付

0120-160-151

くりっく株365

店頭CFDとの違い

株価指数を原資産とした証拠金取引には、東京金融取引所の「くりっく株365」(取引所取引)と店頭取引株価指数「CFD」(非取引所取引)があります。

比較すると見えてくる優位性

「くりっく株365」は、複数のマーケットメイカーにより提示された価格の中で、その時点における最も有利な価格を提供する仕組みや、金利相当額が受取側と支払側で同額(一本値)に設定されています。

"くりっく株365" と "店頭株価指数CFD取引" との比較

  くりっく株365 店頭株価指数CFD取引
取引可能時間 「日経225証拠金取引」は、原則、土・日・1月1日(1月1日が日曜日の場合は1月2日)を除いた毎日ほぼ24時間取引可能(海外指数は、取引時間が異なる。) 取扱会社によって異なる
投資家保護 補償金額は、一般顧客一人につき1,000万円を上限 適用されない
取引価格 複数のマーケットメイカーにより提示された価格の中で、最も投資家に有利な価格を提供する仕組み CFD取扱会社により提示された価格での取引
金利相当額 売り方が受け取る金利相当額と買い方が支払う金利相当額は同額 一般的には投資家が受け取る金利相当額は少なく、投資家が支払う金利相当額は多く設定していることが多い
ページトップ