FXホーム > 取扱商品 > セントレードFXオンライントレード

セントレードFXオンライントレード

取引要綱

セントレードFXオンライントレード 取引要綱
商品名 外国為替証拠金取引 「セントレードFXオンライントレード」
取引形態 オンライン取引(OTC)
取引通貨ペア(※1 33通貨ペア
カウンターパーティー
(カバー先)
FOREX CAPITAL MARKETS LTD.
(英金融行為規制機構#217689)
最低取引額 1,000通貨から
維持証拠金(レバレッジ) 総約定代金の4%以上(25倍以下)
通貨ペアごとの維持証拠金は弊社ホームページでご確認ください。
取引手数料 無料
スワップポイント(※2 カバー先が提示するスワップポイントと同じスワップポイントを提供しています。
値幅制限 証券取引のようなストップ高・安(1日の値幅制限)は、ありません。
ロスカット セントレードFXオンライントレードでは証拠金率の計算はリアルタイムで行われお客様の損失を一定額に抑えるため、余剰金額(預託された取引証拠金にお客様の保有するポジションにより発生した評価損益を加味した金額からポジションを維持するのに必要な維持証拠金を控除した金額)が0(ゼロ)以下になった時点で、大きな損失のポジションから小さな損失のポジションの順番で強制的に決済する措置を講じております。このプロセスは余剰証拠金が0円を上回るまで続けられます。
※ロスカットはお客様の維持証拠金の100%を保証するものではありません。為替相場の急激な変動によってはセントレードFXオンライントレード口座における実質証拠金を上回る損失が発生する場合がございます。
(ロスカットは法人の取引についても例外なく適用されます。)
取引時間 米国夏時間採用時:
取引開始時間 月曜日午前6時00分〜午前6時15分の間
取引終了時間 土曜日午前5時45分〜午前6時00分の間
米国冬時間採用時:
取引開始時間 月曜日午前7時00分〜午前7時15分の間
取引終了時間 土曜日午前6時45分〜午前7時00分の間
(世界的休日を除く)
サポート時間 日本時間月曜日AM7:00〜土曜日AM7:00
仕切り指定
両建取引 可 両建取引時の維持証拠金は、同一通貨ペアの売ポジションと買ポジションのうちいずれか大きいほうの維持証拠金のみ必要となります。
電話注文 不可
最低預託金制度 最低預託金制度はございません。維持証拠金額以上(日本円のみ)をお預け頂ければ、お取引できます。
預託金の上限 ありません。
出金手続(※3 原則としてホームページ上の出金・振替依頼フォームにて、ユーザーID・お名前・出金金額をご連絡下さい。
送金手数料 振込人負担
(入金時はお客様、出金時は当社負担となります。)
資金返還日(※4 4営業日以内
(※1)
各国の情勢及びマーケットの動向により、増減する場合がございます。また、マイナー及びエキゾチック通貨については、流動性の低下等、諸事情により取引ができなくなる場合がございます。
(※2)
マーケットの状況により日々変動致します。流動性や地政学的リスク等の影響により前営業日と比べ、大きく変動する場合がございます。
(※3)
お手続きに関しましては、24時間受け付けております。また、出金及び振替手数料は一切かかりません。
(※4)
全額出金の場合は、全ポジション決済後の純資産確定後、4営業日以内となります。

「セントレードFXオンライントレード」注意事項

休日等、取引時間外の為替レート

休日等、取引時間外に表示される為替レートはあくまでも参考値です。実勢価格とは乖離したレートが表示されることがございますのでご注意下さい。(チャート上に表示されたものも同様です。)また、取引時間外の注文発注、成立したお取引については当社は一切責任を負いません。

注文の種類

セントレードFXオンライントレードは以下の注文が行えます。

  1. 成行注文
  2. 指値注文
  3. 逆指値注文(トレール機能有り)
    また、これらの注文を組み合わせて発注することも可能です。詳細はマニュアルをご確認下さい。

※注文内容は値動きにより制限を受ける場合があります。

決済指定

可能です。保有ポジションを決済する場合は、決済するポジションを指定する必要があります。反対売買の新規注文が成立しても保有ポジションは決済されず、同一通貨ペアの売り・買いを同時に保有する「両建て」の状態になりますのでご注意ください。

注文の有効期限

GTCのみです。Good Till Cancelの意味で、注文が成立するか、キャンセルされるまで有効となります。ただし、有効期限設定可能。

約定遅延リスク

オンライン取引において、お客様の発注した価格が相場状況やお客様の注文数量、通信環境等によって市場の実勢レートとの乖離が生じた場合、通常よりも約定が遅くなるリスクがあります。

取引のリスク

リスクについては「リスクについて」でも記載しておりますが、外国為替証拠金取引は様々なリスクが内在しております。場合によっては金融指標等の数値の変動または相場の状況により、執行される価格が意図する価格と大きく乖離する事があります。取引説明書等のみでなく、取引の仕組みやリスクについて十分に研究し、自己の資金力、取引経験及び取引目的等に照らして適切であると判断する場合にのみ、自己の責任において行うことが肝要です。

ログイン ID・パスワードの管理

お客様に発行されるログインID・パスワードは、非常に重要なものであり、第三者に漏洩しないようご注意下さい。いかなる理由であっても、第三者がお客様のログインID・パスワードを使用した結果については、当社は一切の責任を負いません。

システム売買(EA: Expert Advisor)に関するご注意

  • システム売買(EA: Expert Advisor)をご利用になる際、お客様自らプログラミングを行った上、並びにプログラミングを行っていないプログラムソフトウェア(通称:自動売買ソフト)を利用するにあたり、それらで発生する一切の損害について、弊社は一切の責任を負いません。なお、お客様がプログラミングされた EA(Expert Advisor)を商業・営利目的として、開発並びに販売する場合、金融商品取引法(投資助言・代理業)としての登録が必要となります。未登録のまま当該行為が発覚した場合、取引約款第 16 条 1 項 2 号に則した措置となります。
  • システム売買(EA: Expert Advisor)にて、システム売買をする場合、お客様自身の全面的な裁量に委ねられ弊社からは一切のサポートができません。また不測の障害・リスクが生じる可能性がありますが、それらで生じる一切の損害について、弊社は一切の責任を負いません。

オンライン口座開設の流れ

Step1. 注意事項と承諾

口座開設に伴う注意事項と各種書面のオンライン上での提供及び「個人情報取得の目的と取扱いについて」の承諾です。

Step2. 個人/法人の選択

個人のお客様か法人のお客様かを選択します。

Step3. 基本情報の入力

商品の選択・お名前・生年月日・職業・投資経験・資産・メールアドレス等を入力ください。

Step4. リスク等重要事項、取引の仕組み、約款等のご理解

「外国為替証拠金取引のリスク等重要事項について」「外国為替証拠金取引の仕組み」「外国為替証拠金取引の手続き」「外国為替証拠金取引行為に関する禁止行為」「約款」等を熟読の上、理解していただきます。

Step5. 質問事項への承諾・理解・同意

外国為替証拠金取引に関する質問に承諾、理解、同意していただきます。

Step6. 詳細情報の入力

  1. ご住所
  2. 電話番号
  3. 勤務先情報
  4. 優先連絡先
  5. 銀行口座名(当社からの送金先)
  6. 送付される本人確認書類
  7. 投資目的
  8. お申込の経緯等

を入力ください。

Step7. 確認書の承諾

外国為替証拠金取引に係る相対取引の同意確認をしていただきます。

Step8. 本人確認書

運転免許証、健康保険証、住民票、パスポートのコピー等を本人確認書として (1)郵送(2)FAX(3)メール のいずれかでお送りください。

Step9. 審査

適合性の原則・取引開始基準等に則り審査をいたします。審査の結果によっては、お取引の金額に制限を設けたり、お取引をお断りする場合もありますのでご了承ください。

Step10. 審査結果のお知らせ

審査結果をメールでお知らせします。

Step11. ログインIDとパスワードのご通知

ログインID、パスワードを記載した「セントレードFXオンライントレード」口座開設のお知らせを書留等配達証明付き郵便(転送不要)で、本人確認書類に記載された現住所に郵送します。

Step12. 当社の銀行口座に証拠金のお振込み

当社指定の銀行口座に証拠金をお振込み下さい。ホームページの入金確認依頼フォームにてお客様情報(入金情報)をご連絡ください。

Step13. 取引開始

セントレードFXオンライントレードへログインすれば、外国為替証拠金取引の始まりです。

外国為替証拠金取引の仕組みについて

当社による外国為替証拠金取引は、金融商品取引法その他の関係法令及び一般社団法人金融先物取引業協会の規則を遵守して行います。

取引の方法

当社が取り扱う外国為替証拠金取引の取引内容は次のとおりです。

  1. 取引の対象は、米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、英ポンド/円、ニュージーランドドル/円、カナダドル/円、スイスフラン/円、ノルウェークローネ/円、スウェーデンクローナ/円、南アフリカランド/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/米ドル、英ポンド/米ドル、ニュージーランドドル/米ドル、米ドル/カナダドル、米ドル/スイスフラン、ユーロ/豪ドル、ユーロ/英ポンド、及び豪ドル/ニュージーランドドルを含む33通貨ペア(詳しくはオンライン取引ルール説明書、当社ホームページをご覧ください)
  2. 取引単位は、各通貨組合せに共通で、組合せのうちの1,000通貨単位以上1,000単位とします。
  3. 呼び値の最小変動幅は、クロス円通貨ペアは、1通貨取引単位あたり0.001(0.1銭)、クロス円以外の通貨ペアは0.00001です。
  4. 当社は各通貨組合せごとにお客様の売値(ビッド価格)と買値(アスク価格)を同時に提示します。当社が提示する売値と買値には差(スプレッドといいます)があり、売値よりも買値は高くなります。売値や買値は、当社がカバー取引先の金融機関等の提示する値を基に提示します。
    スプレッドは相場急変時等には通常よりも大幅に拡大することがあります。
  5. 建玉は、通貨の転売若しくは買戻しすることで手仕舞いできます。
  6. 通貨の転売若しくは買戻しによる手仕舞いを行わない場合は、建玉を毎営業日自動的にロールオーバーして翌営業日に繰り越します。
  7. ロールオーバーとは、ポジションの持ち越しのことで、未決済ポジションを毎日繰り延べていきます。ポジションを繰り延べるということは、実質的には売りつけた通貨を借り入れ、買い付けた通貨を預け入れることになり、保有ポジションを借入金利と預入金利との間の金利差に相当するスワップポイントで調整することになります。高金利通貨の買いポジションを繰り延べる場合は、スワップポイントを受け取ることになり、高金利通貨の売りポジションを繰り延べる場合は、スワップポイントを支払うことになります。スワップポイントは、受け取る場合より支払う場合の方が大きくなります。
  8. お客様の損失が所定の水準に達した場合、顧客の建玉を強制的に決済いたします。(「ロスカットルール」といいます。詳しくは、「☆証拠金」の「(7)ロスカットの取扱い」をご参照下さい。)ただし、相場が急激に変動した場合には、ロスカットルールがあっても、証拠金の額を上回る損失が生じることがあります。

☆証拠金

( 1 ) 証拠金の差し入れ

外国為替証拠金取引の注文をするときは、取引に必要な証拠金額以上の額を、当社に差し入れて下さい。

( 2 ) 証拠金率

証拠金率は4%以上(25倍以下)です。証拠金率が低いほど強制ロスカットが早くなり、リスクが高くなります。

( 3 ) 維持証拠金額

維持証拠金額とは、新たにポジションを建てようとする場合に必要な資金のことです。維持証拠金の金額は実勢レートの変動に伴い変更されますので、弊社ホームページにてご確認ください。

( 4 ) 現金の引出し

証拠金預託額(口座残高)から、取引に必要な証拠金と評価損を差し引いた金額を引出すことができます。

( 5 ) スワップポイントの取扱い

当社が行う建玉のロールオーバーに伴い発生するスワップポイントは、取引証拠金に加減する形で反映されます。

( 6 ) 有価証券等による充当

有価証券等を証拠金に充当することはできません。

( 7 ) ロスカットの取扱い

リアルタイムロスカット
セントレードFXオンライントレードでは証拠金率の計算はリアルタイムで行われお客様の損失を一定額に抑えるため、余剰金額(預託された取引証拠金にお客様の保有ポジションの評価損益を加味した金額から、ポジションを維持するのに必要な維持証拠金を差し引いた金額)が0円以下になった時点で、評価損益の大きなポジションから順に強制決済(ロスカット)されます。強制決済は余剰金額が0円を上回るまで続けられます。

( 8 ) 証拠金の返還

委託者が外国為替証拠金取引について転売又は買戻しを行った後に、差し入れている証拠金の返還を請求したときには、余剰金の範囲内において、4営業日以内に返還いたします。

決済に伴う金銭の授受

( 1 ) 受渡決済の場合
受渡を希望される場合はご相談ください。

( 2 ) 差金決済の場合
転売又は買戻しに伴う顧客と当社との間の金銭の授受が発生いたします。

以下が金銭の授受を算出する計算式となっております。
円貨で差損益が出る通貨ペアの場合:取引金額 ×(売りレート−買いレート)
外貨で差損益が出る通貨ペアの場合:取引金額 ×(売りレート−買いレート)×損益の発生する通貨の対円レート

益金に係る税金

個人が行った店頭外国為替証拠金取引で発生した益金(売買による差益及びスワップポイント収益をいいます。以下、同じ。)は、2012年1月1日の取引以降、「雑所得」として申告分離課税の対象となり、確定申告をする必要があります。税率は、所得税が15%、復興特別所得税が2.1%※、地方税が5%となります。その損益は、差金等決済をした他の先物取引の損益と通算でき、また通算して損失となる場合は、一定の要件の下、翌年以降3年間繰り越すことができます。
法人が行った店頭外国為替証拠金取引で発生した益金は、法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。
※ 復興特別所得税は、平成25年から平成49年まで(25年間)の各年分の所得税の額に2.1%を乗じた金額(利益に対しては、0.315%)が、追加的に課税されるものです。
金融商品取引業者は、顧客の店頭外国為替証拠金取引について差金等決済を行った場合には、原則として、当該顧客の住所、氏名、支払金額等を記載した支払調書を当該金融商品取引業者の所轄税務署長に提出します。
詳しくは、税理士等の専門家にお問い合わせ下さい。

NDD(No Dealing Desk)について

セントレードFXオンライントレードは、お客様にフェアでクリアな取引条件を提供するため、No Dealing Deskを採用しています。No Dealing Deskとは、お客様の注文を、ディーリングデスクを介さずに直接カバー先金融機関に接続し、全て自動的にカバー取引を行う仕組みです。ディーラーによる裁量を排除することにより、お客様に約定拒否・再提示・操作などのないスムーズな取引を行っていただくことができます。

注文の種類およびその執行について

成行注文(マーケットオーダー)

お客様があらかじめ価格を指定せず行う注文方法です。お客様が取引端末より発注した成行注文は、当社サーバーへ到達後当社サーバーでの受付順に執行され、当社サーバーによる執行時点での配信価格を以って約定いたします。注文の集中等により、当社サーバーによる執行時点での配信価格を以って当社が約定に応じることが出来る数量を超えて当社が受注していた場合、当社サーバーによる執行時点での配信価格の次の当社サーバーによる配信価格で執行されます。
お客様が取引端末から発注した成行注文が当社サーバーに到達するまでの時間および成行注文が当社サーバーに到達後、執行され約定するまでに要する時間によって、お客様が発注を行った時点で取引端末の画面に表示されていた価格と、実際の約定価格とのあいだに価格差が発生する場合があります。これをスリッページといいます。成行注文ではスリッページの発生によって、発注時の取引画面表示価格より、お客様にとって有利な価格での約定となる場合も、不利な価格での約定となる場合もあります。
成行注文の約定価格に対し発生し得るスリッページのうち、お客様にとって不利な価格での約定となるスリッページについて、あらかじめ不利なスリッページの許容範囲の設定を行うことが出来ます。この場合、不利なスリッページが許容範囲内の場合はお客様にとって不利な価格のままの約定となりますが、許容範囲を超える場合は成行注文は失効され、約定されません。
不利なスリッページの許容範囲を設定した成行注文は、発注時の取引画面表示価格と実際の約定価格の不利な約定となる場合の価格差を許容範囲内に留める事が出来ますが、反面、不利なスリッページが許容範囲を超えた場合には、当該成行注文は失効となり約定されないため、再度成行注文の発注を行った時点で、さらに不利な価格となっている可能性もあります。

  • ・成行注文(マーケットオーダー)のうち、あらかじめ許容可能なスリッページの範囲を設けずに発注を行う注文方法は、お客様にとって不利なスリッページが発生する可能性もありますが、急激な価格変動等の場合においても迅速に約定します。この成行注文(マーケットオーダー)のうち、あらかじめ許容可能なスリッページの範囲を設けずに発注を行う注文方法には、TradingStation2より発注可能な「ベストアベイラブル」が該当します。MetaTrader4から同等の発注を行う場合は、許容可能なスリッページの範囲を大きめに設定して発注していただく必要があります。
  • ・成行注文(マーケットオーダー)のうち、あらかじめ許容可能なスリッページの範囲を設定して発注を行う注文方法は、お客様にとって不利なスリッページが発生する場合において、許容可能な範囲を超える場合には失効され約定しないため、不本意な価格での約定を防ぐことが出来ますが、その一方で、急激な価格変動等の場面においては迅速に約定しにくい可能性があります。成行注文(マーケットオーダー)のうち、あらかじめ許容可能なスリッページの範囲を設定して発注を行う注文方法には、TradingStation2より発注可能な「マーケットレンジ」及び、MetaTrader4より発注可能な「成行注文」が該当します。

指値注文(リミットオーダー)

お客様があらかじめ価格を指定して行う注文方法のうち、発注時点での取引価格より有利な価格を指定する注文方法です。お客様が取引端末より発注した指値注文は、当社サーバーへ到達後、有効な指値注文として待機されます。その後、当社サーバーによる配信価格が当該指値注文によって指定された価格あるいはそれ以上に有利な価格として配信された時点で、当社サーバーでの受付順に執行され、当社サーバーによる執行時点での配信価格を以って約定いたしますが、注文の集中等により、当社サーバーによる執行時点での配信価格を以って当社が約定に応じることが出来る数量を超えて当社が受注していた場合、当社サーバーによる執行時点での配信価格の次の、当社サーバーによる配信価格で執行されます。
指値注文の、より有利な価格となった場合での、価格を優先する発注方法である性質上、当該指値注文によって指定された価格より、スリッページの発生によって、お客様にとって有利な価格での約定となることはありますが、不利な価格での約定となることはありません。その場合、約定されなかった指値注文は、再度有効な指値注文として待機され、当社サーバーによる配信価格が当該指値注文によって指定された価格あるいはそれ以上に有利な価格として配信された時点で、当社サーバーでの受付順に執行されます。そのため、指定した価格が取引画面に表示されたにもかかわらず、約定しない場合があります。

逆指値注文(ストップオーダー)

お客様があらかじめ価格を指定して行う注文方法のうち、発注時点での取引価格より不利な価格を指定する注文方法です。お客様が取引端末より発注した逆指値注文は、当社サーバーへ到達後、有効な逆指値注文として待機されます。その後、当社サーバーによる配信価格が当該逆指値注文によって指定された価格あるいはそれ以上に不利な価格として配信された時点で、当社サーバーでの受付順に執行され、当社サーバーによる執行時点での配信価格を以って約定いたします。注文の集中等により、当社サーバーによる執行時点での配信価格を以って当社が約定に応じることが出来る数量を超えて当社が受注していた場合、当社サーバーによる執行時点での配信価格の次の当社サーバーによる配信価格で執行されます。
逆指値注文の、より不利な価格となった場合での、約定を優先する発注方法である性質上、当該逆指値注文によって指定された価格より、スリッページの発生によって、お客様にとって有利な価格での約定となる場合も、不利な価格での約定となる場合もあります。

【指値注文・逆指値注文についての注意点】
週末のメンテナンス明け後や、突発的ニュース・各国経済指標等の発表直後、配信価格が直前までの水準から大幅に乖離する場合があります。
指値注文については、当該指値注文にて指定された価格あるいはそれより有利な、約定可能な配信価格を以って約定され、不利な価格での約定となることはありません。
逆指値注文については、当該逆指値注文にて指定された価格よりも著しく不利な価格で約定する場合がありますのでご注意ください。

If Done注文

指値注文(リミットオーダー)又は逆指値注文(ストップオーダー)が約定した場合に、次の指値注文又は逆指値注文が有効になるように、あらかじめ注文順をセットし発注する注文方法。それぞれの注文の執行およびスリッページ発生等の詳細は、上記の指値注文および逆指値注文の内容に準じます。

O.C.O注文

指値注文(リミットオーダー)と逆指値注文(ストップオーダー)それぞれをセットとして発注し、一方の注文が約定した場合に、自動的に他方の注文が失効される注文方法。それぞれの注文の執行およびスリッページ発生等の詳細は、上記の指値注文および逆指値注文の内容に準じます。

If Done O.C.O注文

If Done注文とO.C.O注文をセットとして発注する注文方法。それぞれの注文の執行およびスリッページ発生等の詳細は、上記の指値注文および逆指値注文の内容に準じます。

表示価格・指定価格よりも約定価格が有利となるスリッページを「ポジティブスリッページ」、表示価格・指定価格よりも約定価格が不利となるスリッページを「ネガティブスリッページ」といいます。セントレードFXオンライントレードの2013年および2014年のスリッページの発生割合は以下の通りです。(小数点以下第2位切り捨て)

  2013年 2014年 2015年
スリッページなし 46.2% 75.0% 59.9%
ポジティブスリッページ 20.7% 20.1% 21.7%
ネガティブスリッページ 33.0% 4.8% 18.2%

マイナー通貨・エキゾチック通貨への投資に伴うリスクについて

  1. マイナー通貨・エキゾチック通貨を発行する新興国は先進国と比較して金融市場や政情に起因する諸問題が通貨に与える影響が大きく、政府当局が様々な規制を一方的に導入することがあります。また、それらの通貨市場は規模が小さく流動性が低いため、価格変動が大きくなることがあります。したがって、ご希望の価格で約定されない場合もあります。
  2. セントレードFXオンライントレードでは33通貨ペアのお取引が可能ですが、エキゾチック通貨やマイナー通貨に関しては諸事情により事前に通知することなく、証拠金等の変更または取扱いを停止させていただく場合があります。
  3. マイナー通貨・エキゾチック通貨のお取引の際は上記のリスクをご留意いただき、最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。

外国為替証拠金取引の手続きについて

委託者が当社と外国為替証拠金取引を行う際の手続きの概要は、次のとおりです。

( 1 ) 取引の開始

  1. 本説明書の交付を受ける
    はじめに、本説明書を当社ホームページ上からダウンロードしていただき、外国為替証拠金取引の取引概要やリスクについて十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任において取引を行う旨、御同意下さい。
  2. 外国為替証拠金取引口座の設定
    外国為替証拠金取引の開始に当たっては、あらかじめ当社に外国為替証拠金取引口座の設定に関する申込書を差し入れ、外国為替証拠金取引口座を設定していただきます。その際ご本人である旨の確認書類を差し入れていただきます。なお、口座を開設するには、一定の投資経験、知識、資力等が必要となります。

( 2 ) 注文の指示事項

外国為替証拠金取引の注文をするときは、当社の取扱時間内に、当社のオンラインシステム上にて次の事項を正確に指示して下さい。

  1. 注文する通貨の組合せ
  2. 売付取引又は買付取引の別
  3. 注文数量
  4. 価格(指値又は成行)(指値には、当社が提示するアスク価格又はビッド価格に応じる場合を含みます。)
  5. 注文の有効期間
  6. その他顧客の指示によることとされている事項

( 3 ) 証拠金の差入れ

外国為替証拠金取引の注文をするときは、当社に所定の証拠金を差入れていただきます。当社は証拠金を受け入れたときは、電磁的方法により確認していただけます。

( 4 ) 転売又は買戻しによる建玉の結了

建玉を決済する為には必ず保有ポジションを指定し、決済注文によって転売または買い戻しする必要があります。

( 5 ) 注文をした取引の成立

委託注文をした外国為替証拠金取引が成立したときは、委託者は成立した取引の内容を明らかにした取引報告書をオンライン上で確認でき、また、その書類をダウンロード、プリントアウトすることが可能です。

( 6 ) 手数料

お客様より当社が受領する取引手数料は無料です。ただし、取引手数料に関しましては、変更を行う場合がございます。取引手数料について変更を行った場合、別途通知するものといたします。

( 7 ) 取引残高、建玉、証拠金等の報告

取引記録、資金の動き並びに未決済ポジション、維持証拠金、評価損益純資産を記載した口座明細をオンライン上で確認でき、また、その書類をダウンロード、プリントアウトすることが可能です。

( 8 ) 電磁的方法による書面の交付

第一種金融商品取引業者による書面の交付を電磁的方法により受けることに関する承諾が必要になります。

( 9 ) その他

当社からの通知書や報告書の内容は必ずご確認の上、万一、記載内容に相違又は疑義があるときは、速やかに当社コンプライアンス部に直接ご照会下さい。

PC動作環境

仕様  
OS Windows Vista
Windows 7
Windows 8
Windows 8.1
Windows 10
CPU Pentium 4以上
メモリ 1G以上
ブラウザ 光ファイバーなどのブロードバンド
ディスプレイ解像度 解像度1024x768以上
Macintosh(マッキントッシュ)ではご利用いただけません。
接続回線がCATVの場合や企業内LAN回線を組まれている場合、ウイルスソフトの設定などにより、ファイアウォール・プロキシーの制限を受ける場合があります。
通信速度が遅い環境下では、チャート表示や画面遷移にお時間がかかることがございます。

ページの先頭へ