FXホーム > お客様サポート > 為替セミナー

為替セミナー

年末年始のドル円相場

全世界的な金融クラッシュの後、金融界のみならずさまざまな産業界において閉塞感が漂っており、先行きに暗雲が立ち込めているような状態です。

このような環境の中、外国為替の分析を長く手掛けておられる林 康史 先生から皆様の資産運用における羅針盤を示していただき、その一助になればとの願いから今回のセミナーを企画いたしました。皆様のご参加をお待ちしております。

開催日程
日時 2008年12月6日(土) 13:30〜15:30 (受付/ 13:00〜)
会場 名古屋栄東急イン 3階「エトワール」
定員 40名(定員に達し次第、締め切ります。)
参加費 無料
講師 林康史 氏(立正大学経済学部教授)
テーマ 「年末年始のドル円相場」
申し込み セミナー参加申し込みページより受け付けています

講師紹介

林康史 氏(立正大学経済学部教授 外国為替論・金融論)

大阪大学法学部卒、東京大学修士(法学)。
クボタ・住友生命・大和投資信託・あおぞら銀行で、海外営業・原価管理・為替ディーラー・エコノミスト・ストラテジストなどを経て、2005年4月より現職。一橋大学大学院で社会人の大学院生に、短期売買・取引、テクニカル分析(システム・トレーディング)などを講義(非常勤講師)。
著書・訳書は、『基礎から学ぶ 外国為替相場』『基礎から学ぶデイトレード』『相場としての外国為替』『株式投資』『13歳からの投資のすすめ』『カクテルパーティーの経済学』『統合リスク管理入門』『マネーの公理』他、多数。ジム・ロジャーズの著作の翻訳でも知られる。

セミナーに関する注意事項

ご来場のお客様にセントレード証券株式会社が運営する外国為替証拠金取引「セントレードFX」等の取引関連資料をお配りするとともに、本取引の詳しい説明および口座開設のお勧めをさせていただく場合があります。

外国為替証拠金取引は元本や利益を保証するものではなく、外国為替レートの変動や各国の金利差により損失を生じる場合があります。お客様がお預けになった証拠金の額以上のお取引額で取引を行うため証拠金を上回る損失が生じる可能性があります。取引レートには売値と買値に差があります。

取引証拠金

セントレードFXサポーターの取引証拠金は、総約定代金の4%。

レバレッジ

セントレードFXサポーターのレバレッジは約25倍。取引手数料は1万通貨あたり片道0円〜1,500円となります。お取引にあたっては契約締結前交付書面を熟読ご理解の上ご自身の判断でお願いいたします。

セントレード証券株式会社(第一種金融商品取引業者)
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-7-6 [電話] 03-5649-9955
登録番号:関東財務局長(金商)第74号
加盟協会名:日本証券業協会(会員コード:1031)
社団法人 金融先物取引業協会(会員番号:1164)

セミナー参加申し込みはこちら

ページの先頭へ