ホーム > 投資信託 > DWS グローバル公益債券ファンド(毎月分配型)

DWS グローバル公益債券ファンド(毎月分配型)

DWS グローバル公益債券ファンド(毎月分配型)
  Aコース(為替ヘッジあり)/Bコース(為替ヘッジなし)


概要

投資信託の特色 主に電力・ガス・水道等を供給する世界の公益企業・公社が発行する債券を投資対象とします。その他の日常生活に密接なサービスを行う企業が発行する債券にも投資します。
組入債券の平均格付は、原則としてA格相当以上となることを目指します。投資対象は、取得時において原則としてBBB格相当以上の投資適格債とします。
債券への投資にあたっては、金利水準・流動性・信用力等を勘案して選択した銘柄に投資します。

Aコース(為替ヘッジあり)は為替ヘッジをおこない為替変動リスクの低減をはかります。Bコース(為替ヘッジなし)は為替ヘッジをおこないません。
Aコース(為替ヘッジあり)



Bコース(為替ヘッジなし)

の選択
「為替ヘッジ」とは、組入外貨建資産の価値が価格変動の影響を大きく受けないよう為替変動リスクを回避(ヘッジ、将来の為替レートを予約)することです。

Aコースは、対円での為替ヘッジを行い為替変動リスクの低減を図ります。(ヘッジコストがかかる場合があります。)

Bコースは、対円での為替ヘッジを行いません。そのため為替変動の影響を受けます。

通常、為替変動リスクが低減されるAコース(為替ヘッジあり)はBコース(為替ヘッジなし)と比較して低リスク・低リターンのコースといえますが、決して投資元本が保証されるものではなく、これを割り込むこともあります。
投資リスク 当ファンドは、値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、投資元金が保証されているものではなく、これを割込むことがあります。当ファンドに生じた利益及び損失は、すべて投資者に帰属します。基準価額の変動要因は、以下に限定されません。なお、当ファンドは預貯金と異なります。
詳細は「投資信託説明書(交付目論見書)」をご参照ください。
申込み不可日詳細は運用会社の情報をご確認ください。
決算(分配金)原則、毎月20日(同日が休業日の場合は翌営業日)
当ファンドに係る費用
申込手数料お買付価額に3.24%(税抜3.0%)以内で販売会社が独自に定める率を乗じて得た額を、お申込時にご負担いただきます。
信託報酬ファンドの純資産総額に年1.5552%(税抜年1.44%)の率を乗じて得た額が、お客様の保有期間に応じてかかります。
信託財産留保額 ありません。
その他の費用 純資産総額に対して年率0.10%を上限として諸費用(監査費用、法律顧問・税務顧問への報酬、印刷費用等を含みます。)が信託財産から差し引かれます。また、信託財産における組入有価証券の売買委託手数料、資産を外国で保管する場合の費用、租税等についても、別途信託財産が負担します。
※諸費用は、毎年4月及び10月の決算時または償還時に信託財産中から支払われます。
※「その他の費用・手数料」は、運用状況等により変動するものであり、一部を除き事前に料率、上限額等を表示することができません。
注意 ※上記の費用の合計額については、投資家の皆様がファンドを保有される期間等に応じて異なりますので、表示することができません。
※詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)の「費用・税金」をご覧下さい。
信託設定日:2009/04/30
信託期限:無期限
償還条項:受益権の口数が 10億口を下回ることとなった場合等に必要な手続き等を経て繰上償還されることがあります。
マル優: 適用なし
受託会社: りそな銀行
決算日:原則、毎月20日(同日が休業日の場合は翌営業日)
収益分配:年12回の毎決算時に、分配方針に基づいて行います。
一口当たり当初元本:1円
申込手数料:お買付価額に3.24%(税抜3.0%)以内で販売会社が独自に定める率を乗じて得た額を、お申込時にご負担いただきます。
解約時手数料:ありません。
信託報酬:ファンドの純資産総額に年1.5552%(税抜年1.44%)の率を乗じて得た額が、お客様の保有期間に応じてかかります。
信託財産留保額:ありません。

※「為替ヘッジ」とは、組入外貨建資産の価値が為替変動の影響を大きく受けないよう為替変動リスクを回避(ヘッジ、将来の為替レートを予約)することです。