ホーム > 少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」

少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」

少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」とは

証券優遇税制(10.147%)*は2013年12月をもって終了し、以降、上場株式や投資信託などの取引による利益や配当金に対する税率は20.315%*となりますが、2014年1月より開始となる小額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」口座を利用すると、毎年100万円までの上場株式や投資信託などの取引による利益や配当金が5年間非課税となります。
(*)税率には復興特別所得税が加えられています。

NISA口座の利用により、
年間100万円までの投資で得た利益が5年間非課税に

NISAは、1人あたり年間100万円(平成28年からは120万円)までの上場株式や投資信託などの取引による利益や配当金に5年間税金がかからなくなる制度です。年間100万円という非課税枠を超えて取引することはできません。
また、期間中に枠内で買った商品を売却しても、既に使用した枠を再度使用することはできません。

期間は2014年から2023年まで

NISAを使った投資が可能な期間は2014年から2023年までの10年間です。
5年間の非課税期間をすぎた場合であっても、2023年までは、次の年のNISA口座の非課税枠を活用して、非課税での保有を継続可能です。

NISAで非課税となる対象

NISA制度を利用して運用できる商品には、上場株式や投資信託・リート(不動産投資信託)・ETF(上場投資信託)などがあります。
FXや株の信用取引・個人向け国債・先物取引やオプション取引などの金融派生商品は対象外です。

NISA口座の保有について

NISA口座はその年の1月1日時点で満20歳以上での日本に居住している人が開設できますが、現在のところ1人あたり1口座のみの開設となり、複数の金融機関で重複して口座を開設することはできません。
もちろん口座開設の条件を満たせば、夫婦や親子などで年間100万円×人数分の口座での投資が非課税となります。

NISAの概要

概要 上場株式や株式投資信託等の配当金及び売買益等が5年間非課税
利用できる方 日本国内にお住まいの20歳以上の方
口座開設 1人あたり1口座のみ
非課税投資額 新規投資額で毎年100万円を上限
(未使用枠は翌年以降繰越不可)
口座開設可能期間 10年間(2014年~2023年)
途中売却 自由(ただし、売却部分の再利用不可)
税務署における口座開設手続きの受付 制度としては、2013年10月1日~ですが
当社は2013年11月1日~