FXホーム > はじめてのFX > 円高・円安とは?

円高・円安とは?

円高・円安って、どういうこうと?

米ドルに対して、円の価値が上がると円高、下がると円安です。

円高・円安という言葉を、ニュースでよく耳にする機会があります。これは、他の国の通貨に対する円の価値が上がっているか、下がっているかを表しています。

例えば、「1ドル=120円」が「1ドル=100円」になった場合、それまで円からドルに換えるのに1ドルあたり120円必要だったのが100円で済むようになります。ドルに対して円の価値が20円分上がっているので、円高といいます。1ドルのコーラを120円で買っていたのが、100円で買えるようになったと考えてみてください。

これとは逆に、「1ドル=120円」が「1ドル=140円」になった場合は、円安です。
こうした円高・円安といった為替の動きを利用して、利益を得るのが外国為替証拠金取引(FX)です。

外為による取引例

たとえば1ドル120円の時に1万ドル買いでスタートした場合

図:140円でドル売りするとプラス20万円、100円でドル売りするとマイナス20万円

今まであまり関係内って思ってたけど、FXをやるときには円高や円安が大きく関わってくるわけね。

ページの先頭へ