FXホーム > はじめてのFX > 外貨預金・株との違い

外貨預金・株との違い

外貨預金・株との違いは?

FXの魅力は、比べてみれば分かりやすいんだ

FXは外貨預金や株と比べて、より柔軟性のある取引が可能です。
例えば、取引時間は外貨預金や株では限定されているのに対し、FXは24時間OK!取引手数料については、外貨預金と比べると約10分の1!株で見られるストップ高などの値幅制限もありません。自由度の高い取引であると言えます。

外国為替証拠取引 外貨預金 株式投資
取引手数料 1銭〜10銭
(業者により異なります)
1円〜8円程度
(通貨や銀行により異なります)
約定金額によって変動
(0円〜)
取引時間 24時間 銀行の営業時間のみ 前場9時〜11時半、
後場12時半〜15時
為替変動への対応度 外国通貨の値段が上昇しても、下落しても対応可能 外国通貨の値段が上昇することでしか、利益を得られない 特になし
取引レートの変更 常に変動 1日1回 常に変動
取引期限 ロールオーバーにより 決済期限無し 普通預金は満期なし定期預金では満期あり どの業者でも同じ
レバレッジ あり なし ※信用取引は レバレッジ有り
リスク 円高・円安による為替変動リスク 銀行取引である程度信頼性
※預金保護対象外
業績悪化・破綻などで価値がなくなることも

手数料が格安だったり、24時間取引できたりとFXはメリットが多いんだ!

ページの先頭へ