FXホーム > はじめてのFX > FXとはどんな仕組み?

FXとはどんな仕組み?

円高でも円安でも利益が出るってホント?

ホントです。FXは「高く売る→安く買い戻す」、「安く買う→高く売る」が基本ですよ。

FXは基本的に、為替差益で利益を得ます。
FXを行うときに、理解しておきたい基本用語が「ポジション(建玉 = たてぎょく)」という言葉です。「玉」は外貨のことを指しており、新規に買うことを買い建て、売ることを売り建てといいます。FXでは、買い建てた玉や売り建てた玉のことをポジションと呼んでいます。

外貨を買った場合を「買いポジション」、売った場合を「売りポジション」といいます。FXでは、買いポジションは「転売」することで、売りポジションは「買い戻す」ことで決済されます。

外国為替を買って儲ける … 買いポジション

下図で、1ドル = 100円のとき、2万ドル(200万円相当)を買った場合。 もし1ドル = 120円と円安になったときに売れば、40万円の儲けとなります。反対に、1ドル = 80円と円高になったときに売れば、40万円の損となります。

例:1ドル100円のとき、証拠金として50万円を預け入れた。

外国為替を売って設ける…売りポジション

下図で、1ドル = 100円のとき、2万ドル(200万円相当)を売った場合。 もし1ドル = 120円と円安になったときに買い戻せば、40万円の損となります。反対に、1ドル = 80円と円高になったときに買い戻せば、40万円の儲けとなります。

例:1ドル100円のとき、証拠金として50万円を預け入れた。この証拠金を元にして、200万円(2万ドル相当)の「売り注文」を入れる。

達人:FXでは買い戻すことを前提に、外貨を持っていなくても売り注文を出すことができるんだ。それで、円高でも円安でも儲けることができる仕組みなんだよ。 はつこ:そのあたりが株とは違うんですね。

ページの先頭へ

スポット取引ってなあに?

通常、取引日の2営業日後に資金の受け渡しを行う取引のことを言います。

スポット取引とは直物取引ともいい、現時点で通貨の交換を行うことを指します。通常、取引日の2営業日後を、資金の受渡日とする取引のことをいいます。また、スポット取引において、資金決済期限を1日延長すると、スワップポイントが発生します。

スポット(直物)取引

2営業日後に受け渡し

資金決済期限を1日延長することによってスワップポイントの受払が発生します。

達人:FXには決済期限がないんで、スワップポイントをねらって長期保有ができます。 はつこ:なるほど。スワップポイントを稼ぎながら、じっくり時期を見て取引ができるわけね。

ページの先頭へ

スワップポイントってなあに?

通貨同士の金利差から発生する差額金額をスワップポイントといいます。

FXの特徴のひとつに、スワップポイントがあります。
スワップとは英語で「交換」という意味で、「円とドル」や「円とユーロ」といった2つの通貨を交換するものです。 スワップポイントは、2ヵ国通貨間の金利差から発生する差額金額のことをいいます。

金利の安い通貨を売り金利の高い通貨を買った場合(例えば、円を売ってドルを買った場合)、「ドルの金利-円の金利」のスワップポイントを決済するまで毎日受け取ることができます。

反対に、金利の高い通貨を売り金利の安い通貨を買った場合(例えば、ドルを売って円を買った場合)は、スワップポイントを決済するまで毎日支払うことになります。

スワップポイント

円金利 年0.001%、ドル金利年3.0%の場合 買いポジション:2.999%の金利が日々もらえる/売りポジション:2.999%の金利を日々支払う

キーポイント:取引通貨の金利は取引する時点によって変わります。取引通貨の金利差が逆転すれば、スワップポイントの受払も逆転します。

達人:スワップポイントは簡単に言えば海外の高金利を国内で享受できるということ。 はつこ:買いポジションのときはお得ね。それも日本が超低金利だからか。

ページの先頭へ